お金がなくても素敵な旅行ができる!イタリア、スイスでのホームステイのお話

こんにちは。KAHO(@ca_1115)です。
モスクワの空港で何かと色々トラブルがありましたが、
無事にミラノの空港に着き、イタリアで1週間、そのあとスイスで一週間、
合計約2週間旅行を楽しみました。

その際ホテルを利用したのは、何とたったの一度だけ。
イタリアのフィレンツェで一泊、6000円位です。

お金もかからず、ホテルに泊まるより素敵なことがたくさん。
今日は「ホームステイ」についてお話させて頂きます!

ホームステイとは

「ホームステイ」とはその名の通り、ホテル、宿泊所ではなく、
ごく普通の一般家庭に滞在することです。
(通常は留学生が現地の一般家庭に泊まる事をいいます。)

イタリアのヴァラッツェでブティックを経営しているホストママ

受け入れる側の家庭を「ホストファミリー」と呼びます。

現地の家族の一員となって生活する事で、
その国の文化や生活をリアルに体験することができます。

素敵なインテリアに出会える

私が滞在したイタリアのミラノのお家

私の場合、私の家族は日本でホストファミリーをしていました。
その時に語学留学生として来たイタリア人のお家に、
今度は私がお邪魔することに。

流石オシャレに敏感なイタリア人、お家のインテリアも素敵

 

絵画も沢山飾られていました

色んな家庭の中を見ることはその家庭の生活がすごく分かるので、
自分の暮らし方を考えるのに、とても良いきっかけになります。

自然で美味しい家庭料理

私が訪れたイタリア人の家族にはもう一つのお家があり、
「ヴァラッツェ」という地域の海沿いにも行くことが出来ました。

景色が本当に綺麗!

家族みんなでランチをしました。

イタリアでは一度に全ての料理が出るわけではなく、
サラダ、メイン、デザート、コーヒー、というように、
順々に食事をします。

そして最後はもちろんイタリア流、
小さなコーヒーカップの「エスプレッソ」

コーヒーにはあまり詳しくありませんが、
苦味と甘味、どちらも味が深くてとても美味しかったです。

ホテル、宿泊施設だと外国人向けに作られていたりするので、
こういう貴重な体験を教えてくれる、ホストファミリーは
とてもありがたいです。

電車、美術館のチケットなどを予約してもらえる

フィレンツェのウフィツィ美術館

 

有名なヴィーナスの誕生も間近で観れる&撮影OK!(フラッシュは禁止です)

私はイタリア人の彼に美術館、電車のチケットを
オンラインで予約してもらえました。
おかげで私たちは、少ない時間で美術館に入ることができました。

もちろん、なるべく自分で出来たら良いのですが、
最初から何でも全部自分で、というのは海外では難しいと思います。

特にイタリアの有名な美術館は、
いつも沢山の行列ができているので予約必須ですよ。
ホームステイだと現地の人に細かい部分も頼みやすいです。

次はスイスのお話を紹介しますね。