【搭乗ゲート変更に注意!】ヨーロッパへ向かう途中、乗り継ぎ失敗したお話

【搭乗ゲート変更に注意!】ヨーロッパへ向かう途中、乗り継ぎ失敗したお話

おはようございます。ロシアのモスクワ空港で、
予想外の「お泊まり」になってしまった、
KAHO(@ca_1115)です。

初めてのヨーロッパひとり旅ですが、
早速まさかの乗り継ぎ失敗・・・。

アエロフロート航空の「モスクワーミラノ行き」のチケットを、再度購入するはめになってしまいました。

これを機に、私を含め、初心者の方は絶対に知っておきたい「よくあるゲートの変更」についてお話します!

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル (大)

頻繁に起こるゲートの変更

モスクワ空港のフライトボード

日本の空港は分かりませんが、
少なくともモスクワの空港では、
「ゲートの変更」がしょっちゅうあります。

「搭乗20分前」のギリギリの時間でも、変更があります。

早めに着いたからと言って、待合席で安心せず、
搭乗時刻の直前まで「アナウンス」に耳を傾け、
「フライトボード」をつねに確認しましょう。

スタッフは、日本人ほど親切ではありません

モスクワ空港のフライトボード

私の場合、搭乗20分前になっても、チケットに書いてあった搭乗ゲートに、
「アエロフロート・ミラノ行き」の表示が無く、おかしいなと思い、
「本当にこのゲートで合っているのか」
「この数字のゲートはここだけなのか」
と質問を変えて、スタッフに何度も尋ねました。

ですが、フライトチケットだけを見て、
「ここで合ってるわ」
としか言ってくれませんでした。

せめてここで、
「でも搭乗ゲートはよく変更になるから、ちゃんとフライトボードをチェックしてね」
と、一言添えてくれれば、搭乗出来たかもしれません。

日本のグランドスタッフさんだったら、
「あなたのフライトはゲート変更になったからこちらね」
と、一人一人に合った対応をしてくれるかもしれません。

でも海外だと、違います。
日本では当たり前だと思っているサービスが、
してもらえない事もあるし、
スタッフといえど、完全には信用できません。

しっかりと自分でチェックする事が大切だと思いました。

ロシア語と英語なので、アナウンスが聞き取りづらい

モスクワの空港ではもちろんですが、
「日本語のアナウンス」は流れません。

そして、ロシア語と英語が交互に流れているので、
携帯やパソコン、他のことに集中していると、
うっかり聞き逃してしまうかもしれません。

私も多分何度か呼ばれた気がして、
スタッフに何度も確認しに行きましたが、
誰もゲート変更について教えてくれませんでした。(泣)

日本の空港より、特に注意を傾けましょう。

モスクワ空港のカプセルホテル

泊まったホテルはモスクワ空港内の「MINI HOTEL VEXPRESS」

「MINI HOTEL VEXPRESS」の入り口、受付

当日の夜に乗るはずの、アエロフロート航空のフライトが、
次の日の朝のフライトになってしまったので、
チェックインしたまま、
急遽、空港内のカプセルホテルに泊まる事にしました。

シングルは空きが無かったので、
ツインルームに泊まりました。
料金は「ツインルーム」7hで、6000RUB(ルーブル)でした。
日本円にして約11,541円。

モスクワの空港では、ユーロも使えるところもあります。
ユーロで支払いたい場合は、一度訪ねてみると良いと思います。

お部屋はこんな感じ。

もちろん、ツインなので一人で広々と利用しました。(笑)

トイレ、シャワールーム

こちらは「カプセルホテル」とありましたが、
Wi-Fiも利用出来るし、シャワールームも付いていて、
思ったより広く、過ごしやすかったです。

おわりに

私はたまにぼーっとしてしまうところがあるので、
「こんなおバカな間違いするのは私だけだ」と
一人でパニックになって、泣きそうになっていました。

ですが、チケットインフォメーションに行くと、
「私もゲート変更に気がつかなくて、フライト逃してしまったよ」
と話しかけられ、同じように、
飛行機に乗り遅れてしまった人が、何人かいました。

「私だけじゃないんだ」とちょっと安心。(笑)

ですが、やはりきちんと乗り継ぎが出来る事がベストです。

なので、特に旅行初心者の方、お一人で旅行される方は、
くれぐれもフライトを逃してしまわぬよう、
「登場ゲートの変更」「アナウンス」「スタッフの対応」について
事前にしっかりと理解しておく事が大事だと思いました。

参考になれば、嬉しいです。
ではでは。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル (大)