ちょっと人生に疲れてしまった人に。本当に「贅沢な時間」は自分でつくり出すもの

ちょっと人生に疲れてしまった人に。本当に「贅沢な時間」は自分でつくり出すもの

こんにちは。KAHO(@ca_1115)です。

今、ドイツの本当に小さな街、
Ochsenburg(オグセンフルト)に滞在しているのですが、
色々な事に焦り、自分を追い詰めてしまって、
若干引きこもり状態になってしまいました。

そんな時、救われたのは、村の人のあたたかさと、
この夜の静かな景色だったので、
思わず収めてしまった写真達を紹介します。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル (大)

ドイツの小さな村「オグセンフルト」

オクセンブルクには、ドイツの伝統的な古いお家が沢山並んでいます

私が食事をしたレストラン「Gasthof zum Anker」

独自の調査により様々なジャンルの人気サイトをランキング!総合ランキングサイト「コレダ!」

夜21時をまわっても、うっすら明るいドイツの空

村の広場の時計台

静かな夜の街の広場

本当は南ドイツ、バイエルン州の北の方の都市、
「ヴュルツブルグ」に滞在するつもりでしたが、
ちょっと田舎も良いかなと思い、
少し、南に外れたところにある小さな村「オグセンフルト」
一週間滞在する事にしました。
お部屋は、Airbnb(エアビーアンドビー)で若いドイツ人夫婦の家に。

Airbnbの以前の記事はこちらです。

【ドイツのミュンヘン】Airbnb(エアビーアンドビー)で初めて宿泊したお部屋公開
こんにちはKAHO(@ca_1115)です。 今一週間ほどミュンヘンに滞在しています。 今や、日本でCM放送もされているAirbnb...

実は旅をするのが、嫌いだった私

私の母は旅行が好きで、
若い頃も今もしょっちゅう旅行に行くのですが、
正直あまり良さが分かりませんでした。

(旅行はお金がかかるし、何も手に入らないじゃない!)

(だったら綺麗な洋服やバッグ、アクセサリー、
ちゃんと「私の手に入るモノ」が良い!)

恥ずかしながら、そんな風に思っていたのです。
究極の物質主義でした。

「お金」ってなんだろう?
「贅沢」ってなんだろう?

いくらショッピングをしても、高いアクセサリーを身につけても、
次から次へと欲しいものは止まる事を知らないし、
満たされない・・・。

でも色々な物を手放してみて、
何も知らないまちに来て、
一人の時間と向き合い、思いました。

あ、私「旅が好き」だなぁって。

オクセンブルクにはすごく美しい綺麗な川があるのです。

人気観光スポットに載るようなところではないけれど、
この何にもないような、
自然の中の「シンプルな心地良さ」が贅沢な時間なんだなぁ、と
感じました。

「あ、わたし今、すごく贅沢な時間を過ごしている」と、
身体全体で感じられたのです。

それは友達と過ごしている時とか、食べている時もそうです。

そうやって普段の事を「五感」を意識して、感じるだけで、
贅沢な時間は「どこでも」「誰にでも」
つくれるんじゃないかなぁとも思いました。

落ち込むだけ落ち込んでも、結局はいつも人の優しさに救われる

ちょっと思うように行かなすぎて、
自暴自棄になって自分に自信を無くしてしまった時。

とことん「落ち込んでも良い」と思います。

泣きたかったら、「わざと泣ける映画を観ても良い」し、
まるくなって布団の中に、引きこもっても良いと思います。

どうせ私なんかと、ぶつぶつ不満をこぼしても良いと思います。

そのうちに、どこかで小さな優しさに触れ、
勝手に明るい気分にさせられて、「何かをしたい」と思い、
自然な欲求に任せて、ポジティブになっていくんだと思います。

「本当の人の優しさ」って、
「ほんの一瞬」で人に伝わるから、凄い。

おわりに

私の撮った「オグセンフルト」の夜の町並みはいかがでしたか?

これからも、美しい写真私の思った事を、
皆様にお届け出来たら良いなぁと思っています。

疲れている人がいたら、
少しでも心の疲れがかるくなれば、嬉しいです。

ではでは。



スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル (大)